産官学コンソーシアム PEGASAS
"健康・医療・介護視点の全世代まちづくり"

(Open-Innovation Platform of All-area Enterprises, Governments and Academia to Design and Realize Super-Aging Societies)

 超少子高齢社会が進展していく時代、「健康・医療・介護の視点で全世代まちづくり」に、企業、行政、アカデミアらが革新的なスタイルで協働して力を発揮し貢献していくために、産官学コンソーシアムを設立し活動を開始しています。

ごあいさつ

 世界に先駆けて高齢化が進行する我が国は、これから世界中が直面する課題解決の先進国として新しい社会のあり方を提示すると同時に、それらを実現しかつ支える強靭な産業の在り方についても提案していく責任があると言えます。しかしながら、超高齢社会を充実させる産業育成のアプローチは、既存の医療または介護・福祉の認可基準や保険制度の中で、いわば受動的なアプローチを強いられていることは否めず、依然当該分野への参入は限定的であり、一部先行した企業においても事業範囲は多くの制約に左右されているのが現状と言わざるを得ない状況です。我が国が強みとするモノづくりからコトづくりへ、そして、まちづくりへと、当該分野を飛躍的に発展させていくためには、これまで個々の医療主体や介護・福祉事業者に任されていた、それらサービスの「質」についての客観的な指標を構築していくことが必要であり、特に公的な財政支援の急拡大が予想される介護・福祉分野では喫緊の課題と言えます。

 京都大学では、平成28年度に学際融合教育研究推進センター「超高齢社会価値創造ユニット」を立ち上げ、広範な年齢層の個々人がより活き活きと生活する地域づくりやライフサポート・システムの再構築という社会的要請に応えるべく、医療・介護・福祉に関わるあらゆるデータと情報の利活用を土台とし、異分野協創の研究・開発・社会実践を通じた多元的・包括的アプローチによるエビデンス創出と可視化から、地域コミュニティ形成プロセスを探求してきました。

 このような状況を踏まえ、また、国内労働人口の減衰が確実である中、高齢者だけに焦点を当てた産業育成では不十分であり、超少子高齢社会が進展していく時代、「健康・医療・介護の視点で全世代まちづくり」に、企業、行政、アカデミアらが革新的なスタイルで協働して力を発揮し貢献していくために、産官学コンソーシアムを設立し活動を開始しています。

 まちづくり要素としてのモノやサービスの満足度に対して、それらの客観的な質指標を導入することにより、種々の事業展開において明確な基準に基づく実証の仕組みを確立し、新しい産業化エコシステム構築を目指すものです。 本趣旨にご賛同頂き、多くの企業、団体等にご参加賜りますようお願い申し上げます。

平成29年3月
京都大学医学研究科医療経済学分野 教授
京都大学超高齢社会価値創造ユニット ユニット長
 今中雄一

PEGASAS 役員一覧

PEGASAS 役員一覧(2018年4月現在)

PEGASAS“未来のまちづくり”イノベーション会議 開催一覧

  • 第12回「兵庫県尼崎市における健康づくり・まちづくり」
      講演:尼崎市企画財政局部長
         大阪大学医学研究科公衆衛生学教室 招へい准教授
                          野口 緑 氏
         尼崎市ひと咲きまち咲き担当局 局長
                          中浦 法善 氏
      日時:2018年9月18日(火)16:00~
      場所:京都大学セミナー室

    兵庫県尼崎市での取り組みとしてヘルスアップ尼崎戦略や徹底的な保健指導介入などの健康づくりやまちづくりについてご講演いただいた。 尼崎市での今後の課題および展望、施策に対する環境づくりなど、多岐にわたり議論がなされた。

  • 第11回「徳島県上勝町における健康・医療・介護とまちづくり」
      講演:株式会社いろどり 代表取締役社長 横石 知二 氏
                          西蔭 幸代 氏
         徳島県 保健福祉部次長(地域包括ケア・国保担当)
                          鎌村 好孝 氏
      日時:2018年7月4日(水)16:30~
      場所:京都大学セミナー室

    徳島県の医療の状況や健康寿命、地域包括ケアの実現、株式会社いろどりの取り組み、実際のいろどりで働かれている現状などについてご講演いただいた。 上勝町での新しいビジネスを展開した経緯や人材育成の方法、健康や労働と幸福感・生きがいの関係など、多岐にわたり議論がなされた。

  • 第10回「地域で一番身近で愛される企業へ」
      講演:ヤマト運輸株式会社 社長室
         課長 関根 豊 氏
      日時:2018年6月19日(火)16:00~
      場所:京都大学セミナー室

    プロジェクトGをはじめとした、地域での様々な取り組みについてご紹介いただきながら、 ヤマト運輸がこれまで輸送をもとに培った地域でのネットワークを活用した今後の取り組みについてご講演いただいた。 宅急便にとどまらないサービスの展開として、地域での見守りや高齢者へのサポートの方法や地域密着型の事業展開の上でのマネタイズなど、 多岐にわたり議論がなされた。

  • 第9回「『コトづくり』から『住民主体のまちづくり』へ」
      講演:大和ハウス工業株式会社 ヒューマン・ケア事業部
         部長 瓜坂 和昭 氏
      日時:2018年6月8日(金)16:00~
      場所:京都大学セミナー室

    上郷ネオポリスを中心とした、大和ハウス工業株式会社におけるまちづくり事業についてご講演いただいた。 団塊の世代が元気なうちにビジネスモデルを打ち立てることを目標として、全住民を巻き込んだまちづくりを展開している。 こうした全住民へのアプローチの方法やコミュニティの共通価値の創造など、多岐にわたり議論がなされた。

  • 第8回「イノベーションとパッションで健康の未来を変える」
      講演:弘前大学大学院医学研究科 社会医学講座 特任教授
         真の社会イノベーションを実現する革新的「健やか力」創造拠点
         Center of Healthy Aging Innovation(COI) 拠点長(リサーチリーダー)
         中路 重之 氏
      日時:2018年4月5日(木)17:30~
      場所:京都大学セミナー室

    青森県における短命返上活動として、取り組まれておられるCOI事業について、産官学にとどまらず、 住民も協働した「産官学民」として取り組みや、実践される健康教育や健診事業についてご講演いただいた。COI事業での産官学民連携のあり方や、 健康リーダー育成での課題など、多岐にわたり議論がなされた。

  • 第7回「福井県高浜町における地域医療の確保」
      講演:近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課
         課長補佐 日村 健二 氏
      日時:2018年3月19日(月)18:00~
      場所:京都大学セミナー室

    福井県高浜町における町民参画による地域活性化に向けた方策と、地域医療を守る医療機関の充実に向けた取組みについてご講演いただいた。 町民との関係性構築の具体策や、高浜町の介護にかかわる課題、職員の意識改革、地域プライマリ・ケア講座など、 まちづくりと医療介護にかかわる多角的な視点での議論が活発になされた。

  • 第6回「J healthy citiesとそれに関する、国内外の動き」
      講演:東京医科歯科大学 教授(国際保健医療事業開発学)中村 桂子 氏
      日時:2018年3月19日(月)10:30~
      場所:京都大学セミナー室

    Healthy cityの概念、諸外国事例や日本国内での取組みなどご紹介いただきつつ、 個人の努力だけではアプローチできない部分を補完する、人々の健康を支えるための都市の役割などについてご講演いただいた。 日本でHealthy Citiesを進めたきっかけや、行政の課題、健康都市連合の概要等が活発に議論された。

  • 第5回「JR高槻駅前複合開発プロジェクト」
      講演:社会医療法人愛仁会 参与 松本 力 氏
      日時:2017年12月27日(水)17:00~
      場所:京都大学セミナー室

    工場跡地を利用した駅前再開発事業(MUSEたかつき)に医療介護事業を展開する社会医療法人愛仁会が参画された経験をもとに、 今後のまちづくりにおける医療機関や介護施設の取り組みのあり方、地域包括ケアとの関わりなどをご講演いただいた。 官民共同事業の運営実態や今後の地域連携推進法人のあり方、まちづくりにおけるエリアマネジメント等について活発な議論が行われた。

  • 第4回「廿日市メディカルタウン構想」
      講演:JA広島総合病院 病院長 藤本 吉範 氏
         事務次長 嘉屋 祥昭 氏
         事務次長 棒田 祐司 氏
         佐伯地区医師会 会長 山根 基 氏
         廿日市市 健康推進課 課長 宮崎 哲匡 氏
         廿日市市 地域医療拠点室 室長 奥新 光徳 氏
         久保田設計室   代表 久保田 秀男 氏
         JA広島厚生連  代表理事専務 森脇 弘至 氏
      日時:2017年11月8日(水)17:30~
      場所:京都大学セミナー室

    JA広島総合病院の概要と将来構想等、廿日市市地域医療拠点等整備事業、そして、 佐伯地区での医師会を中心とした急患診療所・五師士会・在宅医療ネットワークについてご講演いただいた。 メディカルタウン構想の事業の経緯・内容や多職種連携の実績、計画のあり方など多岐にわたり議論された。

  • 第3回「福岡県田川市の地域福祉と保健事業の取り組み」
      講演:福岡県田川市
         地域福祉課 課長 森田 竜治 氏
         市民課 課長補佐兼保険係長 進村 順次 氏
         地域福祉課 保険センター 主任 坂元 友里子 氏
      日時:2017年10月18日(水) 17:30~
      場所:京都大学セミナー室

    田川市が取り組んでおられる地域福祉計画や地域医療構想、教育福祉や特定検診・地域支援事業(介護予防)に関してご講演いただいた。 教育支援と生活支援のあり方や、子育て支援、地域包括支援センターのあり方など、 多世代にわたる支援事業の実際と今後の展開について多角的な議論がなされた。

  • 第2回「与謝野ブランド戦略と地域活性化の取り組み」
      講演:与謝野町 商工振興課 課長 小室 光秀 氏
      日時:2017年7月27日(木) 16:00~
      場所:京都大学セミナー室

    与謝野町が取り組んでおられるブランド戦略の目的やそれに基づく地域活性化に向けた取り組み内容についてご講演いただいた。 行政・企業・団体等の連携により取組んでおられる事業内容とその展望、 与謝野町での産業構造のありかた、人口減少への対策などについて議論がなされた。

  • 第1回「笠置町の現在とイノベーション」
      講演:笠置町副町長 青柳 良明 氏
      日時:2017年6月22日(木) 16:00~
      場所:京都大学セミナー室

    笠置町の将来ビジョンをご紹介していただき、多機能多世代の移住施設や住民の健康づくりなど、 笠置町でのお取り組みについてご講演いただいた。コンパクトシティとして「拠点」を中心とした 笠置町のまちづくりについて、財政的観点、事業計画、空き家活用事業の取り組みなど多岐にわたる議論が展開された。

  • 産官学コンソーシアム“PEGASAS”設立総会
      日時:2017年5月30日(火)18:00~
      場所:京都大学ミーティングルーム

  • 連絡先: